4 キリコのイメージ

2015年のシャンクレールはここが違う!
シャンクレールのおすすめポイントや他社との比較



【2015シャンクレール@新宿】




婚活パーティー参加歴15年、40歳代の会社員です。

今回は「シャンクレール」に参加しました。
新宿会場の『30代・40代/婚活・結婚前向き編』というパーティーです。

レポートします。
  • 【シャンクレール特別企画】 本日~

記事はありません


婚活パーティー当日にリマインダーメールが届く!このサービスはシャンクレールだけ

今回のパーティーは男性30~49歳・女性29~45歳で、随分と年齢層の幅が広くなっています。
婚活パーティーでは、今後一番需要が多い年齢層とも言えます。

一年で一番熱い8月上旬の土曜日夜に、男女の暑いバトルが行われる会場へ向かいます。

当日の朝に、シャンクレールからリマインダーメールが届きます。
開始時刻と場所を改めて教えてくれるので有りがたいです。このサービスはシャンクレールだけですね。


会場でボールペンをなくすアクシデント。スタッフに相談して解決。

会場は、新宿住友ビルの47F会議室となります。
HPやリマインダーメールでは”住友ビル48F”とあったので48Fへ行きましたが、スタッフから「今日は47Fでおこなわれます」と言われ、階段で1階下の部屋に向います。
ここで少しテンションが下がります。

シャンクレールは48Fと47Fの複数の会議室で、一度に沢山のパーティーを開催している様です。
少し嫌な予感がしながら、パーティー開始を待ちます。

会場はありきたりな貸会議室。住友ビル自体も築年数が古いので、トイレやエレベーターなどは年期を感じさせます。
会場の照明も異常に暗いので、もう少しワクワクドキドキ感を出して欲しいです。

使用するアイテムですが、プロフィールカード・中間印象カード・連絡交換カード・カップリングカード・メモが、開催スケジュールと併せて一冊の冊子になっています。
これは非常に優れたアイデアだと思いました。通常は沢山の配布物があって戸惑いますが、シャンクレールはシンプルで扱いやすいです。

ただ、プロフィールカードは文字や記入範囲が小さくなっているので、少し見にくい感じがします。個人的にはもう少し大きい方がいいかな。

僕はいつも早めに会場入りします。一通りカード類の記入を済ませた後にトイレへ行きます。
ここで第二のアクシデントが発生します。トイレから席に戻ると、持参していたボールペンが無くなっていました。

シャンクレールは筆記具持参が必須で、持っていない方は100円を出して会場でボールペンを買うシステムです。
慌ててスタッフに相談すると、会場内でアナウンスをして下さいました。
「会場内で間違って他の方のボールペンをお使いの方はいませんか?」
すると斜め向かいの男性が、おずおずと僕のボールペンを差し出して来ました。その後、鞄から自分のボールペンを出して後に、何事も無かった様にカード類の記入をはじめていました。
パーティー参加歴15年以上ですが、こういう光景は初めてですね。自分のボールペンを持っているんなら、最初から自分のを使えよ!って感じです。
またまたテンションが下がります。
今日は、ちょっと、ついていないようです。


小さなトラブルが重なっていたが、スタッフの適切な応対で回避

思えばこの会場(今回のパーティー)では、開始前のアクシデントが多数発生していました。 複数会場での開催のためか、参加するパーティー会場を間違える方が7名いました。何故か全員が女性でしたね。
他にも”申し込みをしている/していない”で揉めている男性もいました。

運営システム全般に、何かしらの問題があると思わざるを得ませんね。
救いはスタッフの対応が悪くなかった事です。MCもお上手でした。


今回の女性年齢層は予想よりも若くて嬉しい誤算。女性はルックスもいい感じ

今回の参加者は、男性11名・女性12名でした。

男性は30代後半から40代後半までで、40過ぎの方が多かったと思います。
女性は34歳~45歳までで、30代後半が多かったです。
参加者は参加年齢の後半に固まる傾向が多いので、今回の女性年齢層は予想よりも若くて嬉しい誤算でした。

今回の参加者は、男女共にルックスに問題のある方はほとんどいなかったです。
特に女性のレベルは、年齢層の割には良かった方だと思います。
通常は極端に老け込まれた方や極端にふくよかな方がいらっしゃるんですが、今回のレベルは、中の中レベル以上の方がほとんどどでしたね。

その女性の中に、本日3回目のパーティー参加だとおっしゃる方がいました。
昼の部に参加され、3回目の参加だと…。
僕もダブルヘッダーの経験はありますが、流石にトリプルの経験はないなー。
さぞかしお疲れの事だと思います。彼女は今回カップルになられていたので、頑張って3回目に参加して良かったですね。


トータルとしてイケてるだけに、是非、ココをなおして欲しい!

パーティーの進行ですが、まずは2分程度の全員会話があります。
その後に、会話して印象が良かった相手を選ぶ第一印象チェックがあります。
通常は3~6名だけを選ぶのですが、シャンクレールでは選ぶお相手の人数制限はありません。

フリータイムが5回程度あり、その間に第一印象チェックカードの集計結果が返されます。
フリータイム中に、連絡交換カードを最大4枚の交換が可能です。最後にお気に入りのお相手を最大5名まで記入して、カップリングをおこないます。

第一印象チェックカードでもアクシデントと勘ぐることがありました。
フリータイム中にお相手の女性が、第一印象チェックに僕を選んでくれたという話になったのですが、返却されたカードにはその女性の番号が記載されていなかったのです。
そういう女性が2名いました。

該当女性が1名だけだと、真実と異なることを女性が話した可能性も考えられます。
しかし2名だと、第一印象チェックの集計に間違いがあった可能性も否定できません。

冒頭で書いた通り全てのカード類が小さいので、短時間での集計ではミス発生の温床になっていると思われます。
PCやタブレットを用いた自動集計システムを採用するパーティーが増加する中で、こういう集計プロセスの稚拙さは印象を悪くすると思います。
もしも、これが本当に集計ミスであるならば改善すべきです。(集計ミスかどうかは確かめようのないことですが。)

フリータイムになってやっとドリンクが提供されます。
しかし、ペラペラのプラスティックのコップに、水が半分程度入っているだけ。しかもお代わりができないのです。

ただでさえ暑いのに、会話で咽がカラカラなのに、これはないですよー。
工夫次第で、もっと安価にサービス良くドリンクを提供できるはずです。
ここは是非とも再考を願いたいです。


男性11名・女性12名で、5組のカップルが誕生!僕もカップルに。ボールペンの彼もカップルに。

最終カップリングはカップル成立数を発表した後に、カップルになった方の番号が発表されます。

今回は5組のカップルが誕生しました。僕もカップルになっていました。
ちなみに、僕のボールペンを使っていた野郎もカップルになっていましたね(笑)。

パーティー終了とともに、男女が一斉に退出します。通常は男女のどちらかが先に退出するのですが、男女一斉の退出は初めてです。
エレベーターが小さいので待ち時間が結構あります。エレベーターを待つ間は、カップルになれなかった男女には気まずい空気が流れます。

シャンクレールへの印象ですが、大手の婚活パーティー事業者らしく、Webデザインや使用アイテムのコンセプトは秀逸だと思います。
参加人数や参加者のルックスレベル(特に女性)も、数あるパーティー会社の中では間違いなくトップレベルだと思います。

それだけに、瑣末な欠点が気になりとても残念です。
会場の演出、ドリンクの提供方法、パーティー開始時の種々のトラブル、集計ミスなどです。

これらを解決して頂ければ、もっと素晴らしいパーティーになると思います。
開催年齢も20代~50代と幅広く、メニューも非常に豊富ですので、不具合を解決してパーティー業界を牽引して頂きたいと思います。

関連記事


シャンクレール
「シャンクレール」口コミ・体験談の一覧を見る