「くらべて.com」-楽しいこと比較サイト /中国語学習書
中国語 書籍
最近の中国語ブームにより書籍もかなり揃ってきました。ここでは、中国語関連の書籍の中から定番と注目の新刊を厳選してご紹介します。中国語の学習者なら、ここに掲載している書籍はすべて購入してもいいくらいベストな選択です。(実際、まもるは全て持っています。)
なお、初学者は、ここでご紹介する書籍ではなく、ムック(宝島ムックなど)で勉強するのもオススメです。
■ひとこと中国語CD辞典(宝島)

アマゾンでオンライン購入
[書籍紹介]
書籍には中国語学習の基礎と基本フレーズを掲載。音声CDを2枚付属しており、書籍に掲載の全フレーズを収録。
基礎の基礎が出来ている方なら、次のステップに、この1冊は有効だろう。コストパフォーマンスも含めてオススメの1冊。
・価格 :1,500円(税込)


■暮らしの中国語単語7000(語研)
(2005.1.2)


アマゾンでオンライン購入
[書籍紹介]
中国語の単語集。
近年の中国語学習ブーム後に刊行した単語集だけあって、厳選語彙・解説・レイアウトともに及第点。
「暮らしの中国語単語」を集めたという企画と書名のキャッチーさもウケて、目下、この分野ではトップセールを続けている。
ただ、この書籍は、この本だけで、もしくは、この本から、中国語学習する方のためには編集されていないようだ。基本的に身の回りにある日用品の単語(名詞)を充実させており、日常会話で利用される中国語をバランスよく掲載しているわけではない。
・価格 :2,625円(税込)


■スーパービジュアル すぐに使える中国語会話(ユニコム)
(2005.1.2)


アマゾンでオンライン購入
[書籍紹介]
中国語会話の典型フレーズ集。
中国語会話フレーズを「基本文型」「連句」「掛かり受け」などをもとに分類して、文章構造をビジュアル的に図解しながら、例文を多数掲載している。
中国語の発音やザッと中国語の基礎を学習した後に読むとさらに効果的だろう。
・価格 :1,890円(税込)


■発音の基礎から学ぶ中国語(朝日出版社)
(2005.1.2)


アマゾンでオンライン購入
[書籍紹介]
中国語をゼロから学習する方のための書籍。著者の相原先生が担当したNHKラジオ講座の放送テキストを編集したもの。中国語学習の基礎を学習する。
書籍の特長は「発音」を重点的に解説していること。4枚のCDが付いているが、そのうちの3枚は中国語の音声を収録させたCD、残り1枚はCD-ROMで、中国語を発音したときの口のカタチなどを映像で確認できる。
・価格 :2,625円(税込)


■驚くほど身につく中国語(高橋書店)
(2005.1.2)


アマゾンでオンライン購入
[書籍紹介]
中国語の初学者向けの書籍。CDで中国語の発音を聞きながら学習する。
書籍は3部構成になっており、第1章は発音、第2章は基本表現、第3章は実践会話を学習する。
この書籍の大部分を占め、特長的なのが、第3章の「実践会話」。テレビやラジオの中国語講座のように、キーセンテンス、ダイアローグなどのスキット、日本語訳、単語、解説…といった構成で29のコーナーを収録する。読みやすさ抜群。
・価格 :1,575円(税込)